京都 嵯峨・嵐山の紅葉

こんにちわ、
よしおです。

嵯峨・嵐山は、平安貴族にとって都を遠く離れた別荘地として親しまれてきました。

嵐山と名付けられたのも、

「桜や紅葉があらしのようにまう」

と詠まれたことからだそうです。

京福嵐山線嵐山駅から、お土産物店などが立ち並ぶ通りを進むと渡月橋です。

今から1,200年以上も前に平安貴族たちが川に舟をうかべ風雅を楽しんだ場所です。

渡月橋から北上すると、美しい庭園で知られる天龍寺があります。
時代劇にも時々登場する名園です。

今年の紅葉シーズンは、新型コロナ禍により思うように訪れることが出来ません。

京都フリー写真素材で、嵯峨・嵐山の名所を辿ってみたいと思います。

(さらに…)




最新マップ